50代からの美容と健康、若返りスキンケア

50代からの美容と健康、若返りスキンケア

30代、40代と年を取るうちに気になり始めるシミやシワ、
50代に突入すると毛穴の開きやたるみも加わって更年期に
入るとお肌の老化はいっきに加速して行きます。

 

肌の老化と体力の低下、年齢なのでどうしようもないのかも・・・、
そうは思おもってもいつまでも若くありたいのが本音です。

 

老化の原因の多くは紫外線による光老化と活性酸素により
細胞が酸化 してしまうから、老化によるホルモンバランスの狂いも
肌の老化を進めます。

 

ずっと綺麗で若々しいお肌でいたいそう思います。
日々のお肌のケアは必要ですが、やり過ぎもいけません。
50代からの美容と健康におすすめの方法は!?

 

50代からの美容と健康徹底的な紫外線対策法

 

肌の老化予防に絶対に欠かせないのが紫外線対策です。
紫外線はUVーA波、UV−B波、UV−C波の3種類に分けられます。
その中でA、B波が地上に達して私たちの体に害を与えてしまいます。

 

50代からの美容と健康シミ

日光を浴びると肌を防護しようとメラニン色素が産生され、
その後新陳代謝によりメラニン色素は排出されます。

 

ですがたびたび紫外線にさらされているとメラノサイトの数が
増加し、表皮も厚くなりシミが出来てしまいます。

 

50代からの美容と健康シワ、たるみ

紫外線は真皮まで達して、肌のハリを保つコラーゲンを変性、
劣化させてしまいシワ、たるみを誘発します。

 

日々紫外線を浴び続けていると紫外線のダメージが少しずつ
積み重なり、ある時、急にシミやシワ、たるみとして表面化してきます。

 

紫外線A波(UV−A)

パワーは弱いのですが窓ガラスや雲を通り抜けて皮膚の
奥深くまで届きます。

 

そして、しわやたるみなどの「肌の老化」をもたらす原因になります。
皮膚がんへの影響も心配されます。

 

紫外線B波(UV-B)

エネルギーが強く表皮が赤くヒリヒリするサンバーン日焼けを起こします。
雲やガラスなどである程度さえぎられます。皮膚の表面に届き、皮膚や
眼に有害です。

 

日焼けを起こしたり、皮膚がんの要因になります。
肌の老化予防に紫外線対策を徹底的にしましょう。

 

活性酸素対策に毎日の生活の見直し

活性酸素とは活性酸素、鉄が錆びたり、りんごやバナナの切り口が
茶色く変色したりするのは酸素によって物質がサビる為です。

 

活性酸素により私たちの体の細胞も酸化していきます。
活性酸素は細胞をさび付かせる悪玉酸素、普通の酸素に比べ
化学反応を引き起こしやすい暴れ者で、体内で大量に生じると
細胞や遺伝子を傷つけ老化を誘発します。

 

活性酸素はシミ、シワなどの肌の老化に加えガン細胞の
発生にも関係しています。

 

活性酸素が発生する原因

 

呼吸による生命活動

人は生まれた瞬間から呼吸を始めます、呼吸により酸素を
取り入れ、エネルギーを燃焼し生命活動を行っていますが
呼吸でも活性酸素が発生しています。

 

悲しいことに息をしている限り酸化により体は錆び老化していきます。
本来、人には活性酸素を取り除く抗酸化力のある酵素を作り出す
機能を備えているのですが、この酵素も30代以降は少なくなっていきます。

 

激しすぎる運動

健康の為と実践している運動も度を過ぎると、体が疲れて
多量の活性酸素を生じさせてしまいます。

 

紫外線

紫外線から体を守ろうとするときにも活性酸素が発生します。
また、肌に直接受ける紫外線は、体内に既にあるまだ弱い
活性酸素を刺激して、さらに強力なものへ変化させたりもします。

 

過労、ストレス

極度の過労やストレスにより自律神経失調症になり体に
いろいろな異変が起こり活性酸素の大量発生に結びつきます。

 

喫煙

お肌にも体にも百害あって一利なしと言われていますね!

 

食品添加物、大気汚染などの科学物質

インスタント食品、加工食品などに添加されている食品添加物、
車の排ガス等の環境汚染

 

酸化した油

劣化した揚げ物、揚げ油

 

高血糖値

甘いもののとり過ぎにより血糖値の上昇が慢性化した際、
活性酸素が発生し老化とある種のガンの発生が促進されます。

 

生命活動に活性酸素はつき物ですので仕方のない事かも
知れないのですが、日常生活の見直しと抗酸化力のある食品や
サプリメントなどを利用することで活性酸素の害から体を守ることも
お肌の若返りには大切です。

 

50代からの美容と健康正しいスキンケア

毎日のお肌のお手入れ誤ったスキンケアをしていると肌の炎症により、
お肌の老化を早めているかもしれません。
昨今、騒がれた白斑症状も最初は軽い炎症から始まったようです。

 

肌の炎症の原因

皮膚への刺激が強い場合や長く続く場合
乾燥肌などのために刺激に対する皮膚の防護機能が衰えている場合
通常は刺激にならない物質に過度に反応する体質(アレルギー)

 

間違えた肌の手入れ

 

肌のこすり過ぎ

頬骨の高い部分こする癖のある人は注意、肌のこすり過ぎによるシミ。

 

コットンでバタバタたたく

化粧水などコットンでつける時にバタバタとたたいていると、
毛細血管が赤く浮き出たり、赤ら顔の原因に。

 

コットンやティッシュでの拭き取り

拭き取りタイプのクレンジングはコットンやティッシュの摩擦の刺激で
肌が乾燥したり湿疹ができることが。

 

肌に合わない化粧品

肌に合わない化粧品を長い間続けて使っていると
シミなどのトラブルに。

 

マッサージ

強いマッサージでシミ、シワが増加。

 

慢性的な炎症

肌への物理的ストレスや合わない化粧品でのお手入れを
続けていると、肌に慢性的な炎症を起こしてしまいがちです。

 

炎症により活性酸素が発生し、肌を傷つけ老化を早めてしまいます。

 

肌の炎症を防ぐには皮膚への刺激やアレルギーの原因を見つけて
、それらとの接触をできるかぎり避けることが第一です。

 

50代からの美容と健康血の巡りを促す

肌の健康を維持するには酸素や栄養素が必要です。
血行を良くするのもお肌の若返り方法には大切なことです。

 

心臓から送り出された血液を運ぶ血管は末端に行くにつれ
だんだんと細くなり最終的には毛細血管になります。

 

毛細血管の役割は肌の隅々まで酸素と栄養を運ぶこと、
そして要らなくなった二酸化炭素と老廃物を回収してお肌の
代謝を行うことで健康な肌を保っています。

 

肌の健康を保つために大切な血管は老化に伴って硬くもろくなり
血行が悪くなってしまいます。

 

血行が悪くなると肌の細胞に酸素や栄養が届きにくくなり、不要な
物質もたまって、肌老化が進み、くすみや乾燥が起こりがちになります。

 

血管の老化はコラーゲンの減少により血管の弾力が低下して
しまう為です。

 

また血流不良の原因には全身の筋力の低下もあります。
血液は筋肉が動いて収縮するときに巡るからです。

 

血行不良により肌のターンのバーが妨げられ、コラーゲンの量も
減り肌老化が加速されます。

 

血管が老化しやすい人

責任感が強く何でも自分でしなければ満足しない。
切れやすい性格
無趣味
野菜よりコッテリの肉料理が好き
高血糖値
不規則な生活でいつも睡眠不足がち
青魚を摂らない
タバコを吸う
中性脂肪、コレステロール値が高い
運動不足

 

50代からの美容と健康、血行不良改善には食事の改善と規則正しい生活を
心掛けることが必要です。

 

ホルモンの分泌を促す

45歳〜55歳の閉経前後は、ホルモンバランスの崩れが原因で
更年期障害に悩む女性が数多くいます。

 

ホルモンバランスの狂いは、卵巣の働きが衰え、卵巣からの
ホルモンの分泌が低下し、下垂体からの卵胞刺激ホルモンが
増加することで起こります。

 

更年期にさしかかると共にお肌の衰えも目に見えて加速していきます。
ホルモンの分泌をよくするには十分な睡眠とバランスのよい食事、
ダイエットだけに気をとられて偏った食事を摂っていると女性ホルモンの
分泌は衰えてしまいます。

 

女性ホルモンの分泌を促すにはやせ過ぎても太りすぎても
いけません。

 

身長160cmの場合51kg〜64kgが適正体重です。
体重÷(身長cmx身長cm)=20〜25が適正数値です。
案外とポッチャリな体型ですが女性らしさから見たら納得できる
数値かもしれないですね!?

 

50代からの美容と健康肌の老化対策まとめ

肌の老化を防ぐには健康でいることが一番大切ですが
加齢と共にどうしても肌の栄養は不足しがちです。

 

肌の若返り方法にはエイジング化粧品でのケアやサプリメントを
上手くプラスすることも欠かせません。

 

1.毎日の紫外線対策を徹底
2.活性酸素対策は体にストレスを溜め込まない
3.肌に合った化粧品と的確なスキンケアで肌の炎症を防ぐ
4.血流不良改善には食生活の改善と規則正しい生活
5.十分な睡眠とバランスのよい食事でホルモンの分泌を促す

 

以上の点に気を付けてちょっとでも肌の老化を遅らせ
50代からの美容と健康維持に努めたいですね!

 

けれどもできてしまったしみやしわ、出来るならどうにかしたいですよね。
ロスミンローヤルをご存知ですか!?

 

ロスミンローヤルは、小ジワ(しわ)・シミ・そばかすの効果が認められた
第3類医薬品です。

 

健康食品やサプリメントではなくお薬ですので、正しく服用することで、
小ジワ(シワ)・シミ・そばかす等のお肌の悩みに、体の内側から
効果を発揮します。

 

見た目が老ける要因は、紫外線による光老化が80%、
加齢による見た目の変化は20%と言われています。

 

見た目が老ける要因は、年齢よりも紫外線による割合の
ほうが大きいということです。

 

加齢による見た目の変化はたったの20%ですから、若々しい
印象の80%は、あなたのお手入れ次第で変えられる、という
ことでもあるのです。

 

国内唯一!小ジワ・シミに効く医薬品ロスミンローヤル

“老け顔”の原因小ジワとシミに飲んで効
<ロスミンローヤル>3つの特長!
1【女性用保健薬】カラダの内側から効く第3類医薬品!
2小ジワ・シミに“飲んで効く【国内唯一】の医薬品!
39種類の生薬成分を含む22種類の有効成分配合!
小じわに効く国内唯一の医薬品です。
50代からの美容と健康、ロスミンローヤル体験レビューはこちら